×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



写真をクリックすると画像が拡大されます。

       
         

『装甲騎兵ボトムズ (シリーズ) 青のベルゼルガ物語』 より、
【デスメッセンジャー・ミニジオラマ】について
製作者 AT

 コトブキヤ(壽屋)より発売された、ワンコインシリーズ『青の騎士ベルゼルガ物語』より、
 シークレット・デスメッセンジャー(レッドソルジャー)を改造、ジオラマにしました。
 (1枚目の画像は、改造前のものです。)
 
 【本体】
 顔のスコ−プのレンズ部は、それぞれ緑と赤のクリアレンズに改造しました。
 下半身は、可動がしなかったため、関節ごとに切り角度変更、一部エポキシパテにて製作。
 半田ごてにて本体を溶かして傷や弾痕を表現し、ダメージ塗装。
 最後にエアブラシで、すす汚れ・砂汚れを表現しました。
 
 【ベース】
 市販のベースにエポキシパテで石畳を製作、ロボットの残骸や石柱を作り塗装。
 次に、ジオラマ用のパウダーで砂を表現、エアブラシで弾痕などを塗装しました。
 
 今までメカ物をほとんど製作したことが無かったので、まずはぷち改造で
 慣れようかと製作してみました。