×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



写真をクリックすると画像が拡大されます。

     
       
       
     
 

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』より、
ディフォルメ : ドク (エメット・ブラウン) について
製作者 AT

 クリストファー・ロイド氏(CHRISTOPHER LLOYD)のサイン会に合わせて
 バック・トゥ・ザ・フューチャー(BACK TO THE FUTURE)より、
 『ドク(エメット・ブラウン)』を製作いたしました。
 今回は、製作時間が無かったことと、コミカルなキャラクターということで、
 初のオリジナル・ディフォルメタイプで製作しました。
 エポキシパテでフルスクラッチ、10日で造型しました・・・。
 塗装はエアブラシで塗装(細部は筆塗り)し、計2週間で完成させました。
 顔の陰影を強調して面白く仕上がったと思います。
 全高は、約10cmと小さめですが、頭部が大きいので意外とボリュームがあります。
 (「ねんどろいど」や「きゅんキャラ」に近いサイズです。)
 劇中では、赤いシャツに画数の多い漢字が逆さに書かれていたのですが
 今回は、当て字で二千十二年(2012年)、土久(ドク)部裸運(ブラウン)、
 後二座冬茶(バック・トゥー・ザ・フューチャー)と書いてみました。
 
 サイン会は大行列で、あまり時間は取れませんでしたが、なんとかロイド氏と
 フィギュアの2ショット写真が撮れて、ケースにもサインを書いて頂けました。
 
 久しぶりのサイン会でとても楽しかった一日になりました。
 また次のサイン会を楽しみに待ちたいと思います。