×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



写真をクリックすると拡大されます。

’09/6/27製作開始 7/10 UP 7/19 UP 7/24 UP
7/30 UP 原型完成 7/31 UP 塗装完成
各アングル写真
レイカフィギュアと2ショット FigmaレイカPHOTOミッション投稿

GANTZ 犬】フィギュアについて
製作者 TOM

 ヤングジャンプより愛読してる 『GANTZ』 コミックス26巻の特装版に付いてきたレイカフィギュアを
 使用した 写真コンテストがWeb上で開催されました。 【FigmaレイカPHOTOミッション】
 本作品はそれに伴い、A−TOM工房らしい作品を投稿したいなともくろみコミックスに登場した犬を
 製作し、それとの2ショット写真を撮ることにしました。
 実際には、犬はストーリーではGANTZ初期メンバーなのでレイカ(現在メンバー)との接点は
 ないのですが、そこはそれ、やってみたいから造ってみたってな具合です。
 
 全高6センチの犬。
 製作期間はコンテスト締切までの約一ヶ月。
 結構余裕じゃんと思っていたのが大間違い。本職の仕事がとんでもないほどに大忙しとなり、
 夜はバテバテの日が果てなく続きました。
 途中、手の止まった期間もあり原型完成は締切前日。塗装は1日でこなし完成。
 ・・・と言葉では簡単に片付くのですが、製作当初から、資料あさりにも時間を取られました。
 犬種はボーダーコリー。・・・ってどんなかんじ?ってな具合で写真集め、それが終わると
 コミックスからGANTZスーツの資料集め。このスーツ、黒いから細部がよく分かりにくいんです。
 まぁ、基本デザインは人間スーツと一緒だろうと掲載されてない細部はそれに伴って施しました。
 一番力を注いだのはやはり口。
 牙、歯の群集、舌の造形にリアルさを求めるため、下あごは当初から外せるようにしておりました。
 原型を完成した後、基本塗装と共に口の中も本塗装し、下あごの完全接着。繋ぎ目をパテ埋めしました。
 それ以外でも、4本足でお座りポージングだと製作&塗装のしにくい部分が出来てしまい、
 バラしている時間も無い事からあらゆる面で苦労させられました。
 完全に仕上がったのは締切当日。
 当初から、2ショット写真は何の工夫も無い、のどかな散歩風景を撮りたいと思っていたのですが、
 その撮影時間が出来た頃にはもう夕方。
 一眼レフのデジカメならレンズの効果でなんとか昼間のような明るさに撮れる。その僅かな時間で
 裏庭の小さなコケの群集を見つけ、フィギュアを設置して撮影。(上記最後の写真)
 締切6時間前にやっと一枚の気に入った写真撮影に成功。投稿にたどり着きました。(焦った〜)
 その前に掲載している2ショット写真はすぐ後から撮った物ですが、当初に思い描いていた
 コンセプトとはちがう写真なので投稿するのはやめました。
 あくまでコンテストには一発勝負です。なんてカッコつけても仕方が無いのですが、
 とりあえず、結果はどうあれ楽しい2ショットフィギュアが出来上がったので良しとします。(疲れた〜)
 毎度の事ながら、やれば出来るもんですな。