×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



写真をクリックすると画像が拡大されます。

     
       
       
   

『マクロスF(フロンティア)』の一番くじ景品より、【トルネード・アルト機バトロイド形態】について
製作者 TOM

  一番くじ マクロス F (フロンティア)の一番くじ景品だった『でふぉめか』の改造第3弾。
 トルネード(ファイター形態)とアルト機(バトロイド形態)を組み合わせて
 トルネード・アルト機バトロイド形態フル可動に改造しました。
 各パーツをナイフでトコトン切り刻み、解体しました。
 首、肩、股関節、足首の間接にはボールジョイントを埋め込み、
 肘、膝、手首には間接部品を埋め込んで折り曲げ、回転と言うような可動を実現しました。
 また、
 背中に背負ったキャノンと翼の先にあるブースターは本来の可動をそのまま生かしています。
 バトロイド(人型)の翼と背中の部品を根元から切り取り、ファイター(飛行形態)の
 翼とキャノンを移植しました。 
 次にファイターの足の部分にあたる所の側面、プロテクター状の強化パーツを切り取り、
 バトロイドの両足膝下側面(外側)に移植します。
 組み合わせで可能なのはここまでなのですが、まだ変形は完成していません。
 部品がまだまだ足らないのです。
 両手首から肘にかけてまでの部分に取り付けられている強化パーツと
 両腿に付いているブースター、両足膝下内側に取り付けられている強化パーツを
 それぞれエポパテにて追加造形し容姿的には完成しました。
 とまぁ、ここまでは意外とすんなり。
 ワリと大変だったのは塗装。 ガンダムマーカーにて要所要所のモールドをこれでもかって
 くらいに派手に目立たせました。
 また、再現されていないモールドは単純に塗装で再現。 本来の色合いに近づける為、
 白色以外の部分は殆ど全面的に筆塗りで塗装をやり直し。
 細かいマーキングも可能な所は再現し、要約完成に至ります。
 そうそう、塗装保護の為、クリアースプレーでパーツごとにコーディング。
 最近のクリアースプレーはUVカットまでしてくれるんですね。
 ホワイトボディには願ったり叶ったりです。
 ギリで自立はするのですが地震の多い昨今、念の為に市販のベースにステンレス線を
 突き刺し、本体を仁王立ちの状態で安定させております。
 出来上がったトルネード・アルト機、 なんか意外とカッコいいの、かわいいの。
 なかなか面白い作品に仕上がったのですが写真で実感して頂けるでしょうか?