×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



写真をクリックすると拡大されます

ゾッド本体は余すところ
なく全面リペイント
血は厚みをもたせ
立体的に半透明塗装
翼は半透明オレンジで
わりと硬い素材
歯と爪は鋭利に切除
下あごは新造形
翼の取り付け角度は
結構こだわりました
折れた方の角は新造形
翼の根元の造形に工夫

【ゾッド】 獣・ウィング・血しぶきバージョン について
製作者 TOM

 コミック、「ベルセルク」に登場するノスフェラトゥ・ゾッドです。
 かなりリアルに仕上げてありますが、大きさは(羽をはぶけば)手のひらサイズです。
 プレステーション2のベルセルクのゲームに初回特典でもらったフィギュアを
 カスタムしました。
 まずは、
 あごのわき(えら)、首の後ろのつなぎ目をなくすために
 パテをつかってディテールを追加しております。
 あごひげもなんかごまかし程度の毛並みなのでディテールを追加しました。
 折れた方の角は造りがあまいのと個人的に少々小さく感じたので
 一回り大きく、切り口をもっとそれっぽくリアルに、切り口の色を薄く変更しました。
 本体全体をドライブラシにより、完全リペイントして毛並を強調させております。
 歯と爪はナイフで鋭利に仕上げました。
 背中に半田ごてで穴を開け、他のフィギュアから引っ張ってきた羽を取り付けました。
 もともとの羽の形は、原作の形とは違うものでしたので、ナイフで切り刻み、
 パテにて造形し直して写真のような物に仕上げました。
 角、足のひづめももう少しボヤケた感じに塗装を調整し、
 羽の根元と背中との取り付け部分にパテでなるべく違和感なくディテールを施しました。
 最後に、血しぶき塗装なのですが、
 濃い色の順番に3段階に分けて塗装しております。
 もともと質の高いフィギュアでしたが、
 わりに簡単な手法で面白くなるものですね。
 羽は原作どおりの形、とまでは造形が持っていけなかったものの、
 かえって見た目には、体と良い組み合わせになったかと思います。